2011年08月17日

料理は道具

食の豊饒なる国、イタリアから帰国。パスタは許よりオリーブオイルにチーズ、アスパラガス、ポルチーニ茸…残念ながら税関において制限があるから持ち帰れない食材も多い。いや、持ち帰れないほうがいいかもしれない。またその国に行く愉しみがへってしまうような気がするから。

さて、食材が豊富だと調理道具も豊富である。代わりと云っては何だが、エスプレッソメーカーやペッパーミルを仕入れてきた。お義母様が「料理は道具よ」と云うがその通りだと思う。道具が好いと能率が良くなるし、何よりテンションがあがる。

イタリアから帰ってきて数日後、嫁はそんな道具をフル活用してイタリアン料理を振る舞ってくれた。もともとスキルに長けた彼女も俄然、力が入ったらしい。その入れ込み具合が「道具のおかげであたしも料理のウデが伸びたよ」というコメントから見てとれた。

伸びた?びろーん、て?私にはもはやピッコロ大魔王しか想像できなかった。ところで料理のお味はというと、信じられないくらい美味しかった。何せ我が家の定番レシピに登録されたくらいだ。いやあ、嫁よ。料理もジョークも、知らぬ間にウデを上げたな。

posted by おんじ at 00:00| Comment(0) | あちゅpedia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。